ISO-ダイナミック™フローリング

唯一の地震の評価がアクセスフローリングように設計
独自の上に立ちます!

ISODynamicフローリング 2

ISODynamicフローリング 3

ISODynamicフローリング 4

デザインの柔軟性

構造は、内部の壁に筋交いを必要としません. フロアレイアウトへの変更を容易に行うことができます, 高価なシャットダウンを回避. その他の稼働時間は、あなたの会社の時間とお金を節約します.

高い横方向の安定性

床のタイルやセクションを削除することにより、大型サブ構造のために可能です. これは、フロアシフトや崩壊の通常のリスクなしに行うことができます.

重負荷容量

ISO-ダイナミック™フロアは最大の重量負荷を上回ります 2,500 LB. これは、モジュール式の鋼管下部構造によるものです.

グレーター床下アクセス

4′ グリッドは少なく直立台座があることを意味します. 当社のヘビーデューティなデザインには、追加の耐震ブレースフレームを必要としません.

シンプルで高速インストール

モジュラー溶接部品を容易にボルトで接続されています。. さらに, instead of completing an entire facility, 段階的な増築が可能です. This is because of the modular design as well as its ability to stand on its own.

耐震評価の高い部分構造

ISO-ダイナミック™フロアの下部には、地震帯を超えて 4 必要条件. あなたは追加の耐震サポートスタンドなしで上げ床の上に直接重いなCRACなどの項目およびHVACユニットを配置することができます.

NextGen Ball-N-Cone™ Isolators

特許取得済みのアイソレータはNEBS GR-63コアの要件を上回ります. 彼らは劇的に地震から敏感な機器への振動伝達を低減します, 爆風, または建物の振動を誘発し.

複数のフロアハイツ

ISO-ダイナミック™モジュラー設計は、48” までの高さに来ます. また, 私たちは、カスタムの高さで床を設計するために満足しています.

低層のバージョン

高さの低いバージョン (6″) is available for rooms with low ceilings. 低層のバージョンでは、機器を設置するための安全とレベル床を作成するのに最適です. It is still possible to place cabling and cooling under the floor in the Low-Rise version.

床タイルの互換性

システムは24” ×24” のいずれかで床のタイルを使用する必要がありますまたは600ミリメートルX 600ミリメートルサイズ. カスタム機器フレームとカバープレートが用意されています.